newserver

東罐興業株式会社

NEWS & INFORMATION

ニュース・新着情報

ニュース・新着情報

    • お知らせ

    「統合報告書」「サステナビリティレポート」が発行されました

    東洋製罐グループ「統合報告書2022」および「サステナビリティレポート2022」が発行されました。

    2022年3月期の業績や情報を中心に、東罐興業グループを含めた、東洋製罐グループの活動が紹介されております。

    統合報告書は、東洋製罐グループがどのように持続的成長を実現していくのかを、ステークホルダーの皆さまにお伝えすることにより、当社グループに対するご理解を深めていただくことを目的とし、2021年から発行しております。

    サステナビリティレポートは、「長期経営ビジョン2050『未来をつつむ』」で掲げた、「従来の包装容器製造の枠を超え、社会を変える新たな価値を創造する企業グループを目指す」ための具体的なアクションを、広範なステークホルダーの皆さまにお伝えすることを目的としたレポートです。ESG(環境・社会・ガバナンス)の項目別に構成し、2021 年度に実施した取り組みを中心にまとめております。

     

     

     

    • お知らせ

    「東京国際包装展 TOKYO PACK 2022」に出展します

    東罐興業を含む東洋製罐グループは、10月12日(水)から14日(金)まで東京ビックサイトで開催される「東京国際包装展 TOKYO PACK 2022」に出展いたします。今回は出展のテーマを「食と健康、快適な生活を支える容器の未来」として、長期経営ビジョンで掲げる「多様性への対応」に焦点を当て、私たちが思い描くさまざまな人々の未来のくらしに沿った、グループの製品、取組みをご紹介してまいります。
    コロナ禍の状況下ではございますが、ご来場者、スタッフへの感染防止策を徹底しながらのブース運営を心がけてまいります。
    皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

    また会場にお越しいただけない方にも、出展内容がご覧頂ける特設サイトをご用意致します(10月12日(水)より本公開)
    https://tokyopack2022.tskg-hd.com

    会期 2022年10月12日(水)~14日(金)
    時間 10:00~17:00
    会場 東京ビッグサイト 東1~3・東6ホール
    ブース番号 東3ホール ブースNo.E3-45
    入場料 1,000円(税込)
    ※来場登録券持参、Webサイトにて来場事前登録した場合は無料
    公式ウェブサイト TOKYO PACK 20221(来場事前登録もこちらから)
    http://www.tokyo-pack.jp

     

    • お知らせ

    千葉市動物公園「BREW at the ZOO」“カップリサイクルチャレンジ”に協力

    東罐興業株式会社は日本製紙グループ各社、株式会社キッズプロモーションと共同で、千葉市が千葉市動物公園で行うクラフトビールと音楽を楽しむ大人向けイベント「BREW at the ZOO」で行う消費者参加型の紙コップ再生啓発イベント“カップリサイクルチャレンジ”に協力します。

    千葉市動物公園はビールを販売する際に、紙コップで提供します。ビールを楽しんだ来場者は、飲食会場において東罐興業が開発したコップ洗浄機“Re-CUP WASHER®”を使って紙コップを洗浄、分別回収し、回収した紙コップを日本製紙が段ボール原紙にリサイクルします。

    使用済み紙コップは、(公財)古紙再生促進センターの古紙の分類では禁忌品に指定されており、通常は一般廃棄物として焼却処理されます。しかし、昨今の紙容器リサイクルに対する市場ニーズに対応して、東罐興業と日本製紙グループは、新たに使用済み紙容器の再資源化を目指しています。
    今回の千葉市での事業協力は、消費者に使用済み紙容器リサイクルに関する正しい理解を深めて頂くための啓発活動の一環として実施するものです。
    消費者自らが紙カップの洗浄を体験することで新しいリサイクル活動に参加したという実感を持っていただき、使用済み紙容器リサイクルの社会への定着を目指します。

    <使用済み紙コップ分別回収リサイクル実証実験の流れ>
    ① 千葉市動物公園:イベント会場でクラフトビール他飲料を“紙コップ”に注いで来場者に提供
    ② 来場者:飲み終えた紙コップを、コップ洗浄機 Re-CUP WASHER®(東罐興業製)を用いて洗浄し、専用回収ボックスに投入
    ③ 回収紙コップ:日本製紙草加工場に送られ、段ボール原紙にリサイクル

    ※ 食でつながる動物公園委員会構成団体(千葉市、㈱キッズプロモーション、㈱動物公園協力会、㈱ワールドインテック)主催のイベント。2022年9月17日~10月10日の土日祝日に開催予定

    • お知らせ

    2022日本パッケージングコンテスト受賞

    2022日本パッケージングコンテストにて東罐興業の製品2点が飲料包装部門賞を受賞致しました。

    公益社団法人日本包装技術協会が主催する日本パッケージングコンテストは、優れたパッケージとその技術を開発普及することを目的として実施される、我が国の包装分野における最大のコンテストです。

     

    「手を使わずに容易に開口できるドリンキングリッド(香り窓付)」

    手を使わずに簡単に開口でき、飲む時に同時に香りが楽しめるドリンキングリッドです。
    コップを傾けて蓋天面にある飲み口(切り込み部)の突起に上唇を押し当てるだけで、手を使うことなく飲み口が開口する“ノンアクション“方式を開発しました。飲み口が開口すると同時に鼻孔付近の香り窓も開口し、飲料の香りを楽しむことができます。

     

    「アルミカップ(ルミサス)」 東洋製罐㈱との合同受賞

    SDGS の実現と脱プラスチックを目的として、独自の技術/材料を用いた飲料用アルミカップを開発・実用化しました。
    東洋製罐のaTULC(aluminum Toyo Ultimate Can)技術により、製造時の水使用量ゼロ、かつエネルギー消費量を最小限に抑えました。
    また、独自の成形技術にて軽量化、積載効率、スタック性の最適化を実現。良好な口当たり、上下の段差により持ちやすく、充填量の目安になる形状など高いユーザビリティを実現します。

    • お知らせ

    YouTubeチャンネル【しげのすけと容器にいきまSHOW!】にてRe-CUP WASHER紹介

    東洋製罐グループのYouTubeチャンネル【しげのすけと容器にいきまSHOW!】にて、東罐興業のRe-CUP WASHER(リカップウォッシャー)が紹介されました。
    【しげのすけと容器にいきまSHOW!】は東洋製罐グループの社員が、自社の製品・アイデアを紹介していくコーナーです。
    ぜひ東洋製罐グループ「OPEN UP! PROJECT」サイトからご覧ください。

     

    ※東洋製罐グループ「OPEN UP! PROJECT」は、時代によって変化する課題に向き合い、イノベーションで未来を「切り拓く」プロジェクトです。

    • お知らせ

    「健康経営優良法人2022大規模法人部門」に認定されました

    東罐興業株式会社(代表取締役社長:笠井俊哉)は、経済産業省および日本健康会議の運営する健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人2022大規模法人部門」に認定されました。(2022年3月7日)

    1.健康経営優良法人認定制度の概要 ※経済産業省HPより抜粋
    健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

    2.東罐興業株式会社における健康経営の取組み
    東罐興業株式会社では、2017年度に東罐興業グループの従業員一人ひとりが健康で働き続けられることを目的として「東罐興業グループ健康経営宣言」を策定しました。当社は、今後も従業員の健康管理を経営的な視点で捉え、長時間残業の削減、生活習慣病予防、メンタルヘルス活動、受動喫煙防止と禁煙活動などの取り組みの効果検証や見直しを継続的に行い、さまざまな健康課題の解決や、従業員と家族の健康維持増進に努めてまいります。

    東罐興業グループの健康経営宣言

    • お知らせ プレスリリース 製品情報

    トーカンECOカトラリー 販売開始

     東罐興業は紙素材25%の使い捨てカトラリー『トーカンECOカトラリー』シリーズを開発いたしました。第一弾として、「トーカンECOスプーン」「トーカンECOフォーク」を2022年3月初旬より販売開始いたします。
     本シリーズは、「紙の粉砕パウダー」を51%配合したペレット「MAPKA®」を配合して作られるカトラリーシリーズです。プラスチック素材にMAPKA®を配合することで、高い強度を持ち、使いやすさに寄与します。また、同形状のポリスチレン100%で作られた製品と比較した場合、CO2排出量と樹脂使用量を約20%削減可能です。
     本シリーズは今後ラインナップを順次拡大していく予定です。

    • お知らせ

    東洋製罐グループサプライヤーCSRガイドラインについて

    東罐興業株式会社では、東洋製罐グループの一員として自社だけでなく、その事業活動を支えていただく重要なパートナーであるお取引先と共に、サプライチェーン全体での持続可能な社会の実現への貢献を目指します。

    本ガイドラインは、当社グループと共に持続可能な社会の実現を目指していただくため、コンプライアンス、品質・安全、人権、労働安全衛生、環境、情報管理など「東洋製罐グループ調達基本方針」に基づき、東洋製罐グループのお取引先に守っていただきたい基本的な事項を定めたものです。

    お取引先におかれましては、本ガイドラインの内容にご理解賜り、遵守に努めていただきたく、ご協力をお願いいたします。

    • お知らせ

    「ホワイト物流」推進運動へ自主行動宣言を提出

    東罐興業株式会社(代表取締役社長:笠井俊哉)は、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動へ自主行動宣言を2022年2月2日に提出致しました。

    「ホワイト物流」推進運動とは、トラック運転者不足が深刻になっていることに対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に役立つことを目的として取り組む運動です。

    当社は提出した「自主行動宣言」のもと、持続可能な物流を実現していきます。

    • お知らせ

    役員人事のお知らせ

    2022年4月1日付役員人事についてお知らせいたします。