newserver

東罐興業株式会社

TOGETHER WITH OUR EMPLOYEES

従業員とともに

従業員とともに

経営理念に、「従業員の個性と多様性を生かし変革と創造に積極果敢に挑戦する自由で生き生きした企業風土を作ります」とあるように、さまざまな人材が能力を発揮し、成長できる職場環境づくりに取り組んでいます。また、ワークライフバランスを重視した人事制度を導入し、働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。

健康経営

東罐興業グループの従業員一人ひとりが健康で働き続けられることを目的として、2018年3月「東罐興業グループ健康経営宣言」を策定、2022年3月改定しました。

◆東罐興業健康経営宣言◆
東罐興業は、経営理念である「従業員の個性と多様性を生かし変革と創造に積極果敢に挑戦する自由で生き生きした企業風土をつくる」を実現するために、従業員一人ひとりが大切な財産と捉え、従業員の心身健康維持・増進の支援や生き生きと安心して働ける職場環境を整備し、パフォーマンス向上に向けて健康経営を推進することを宣言します。

東罐興業 株式会社

代表取締役社長 笠井 俊哉

  • 「健康経営優良法人2022大規模法人部門」に認定

    東罐興業は、経済産業省および日本健康会議の運営する健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人2022大規模法人部門」に認定されました。

  • 健康数値指標

    • 長時間残業の削減(産業医面談対象者の削減)
      • - 月30時間以内を目標とし、最長で60時間とする
    • 健康増進・生活習慣予防活動の強化
      • - 適正体重維持者率 70%以上
    • 禁煙活動推進、受動喫煙防止、喫煙ルール・マナーの徹底
      • - 非喫煙者率 70%以上
    • ※数値目標は、2021年度~2023年度の3か年計画とする
  • 健康推進

    全従業員に対し、年1回の健康診断、生活習慣病予防健診を行っています。各事業所には健康支援室を設け、従業員の身体的・精神的な健康を支えています。また、外部から保健師を招き、測定器を使った体チェックや健康講話を実施するなど、健康促進についての取り組みを積極的に行っています。

  • 健康推進の活動事例

    • 2017年度 「立つ」「歩く」といった運動能力診断として「ロコモ度チェック」、「骨密度測定」を実施
    • 2018年度 健康管理について見直し、改善のきっかけとして「血管年齢測定」を実施
    • 2019年度 「血管年齢測定」や協会けんぽとコラボにて「機能改善ストレッチ」実施
    • 2020年度 東洋製罐グループHD主催「睡眠セミナー」に参加、協会けんぽとコラボにて「腰痛・肩こり予防ストレッチ」、看護職による「禁煙・メンタルヘルス講話」を実施
    • 2021年度 協会けんぽとコラボにて「パソコン作業の疲れ改善エクササイズ・女性のカラダセミナー」を実施
  • 禁煙の取組

    就労時間内禁煙、20歳以下の喫煙室立ち入り禁止として受動喫煙防止に取り組んでいます。毎年5月31日はトーカン禁煙デー、その後1週間を禁煙週間として卒煙を呼びかけ、禁煙支援制度を設けています(外来診療補助)。

     

多様な人材の活躍推進・働き方改革

  • 一般事業主行動計画

    【女性の活躍の推進・能力発揮への取組み】

    社員全員が働きやすい環境を作ることによって、その能力を十分に発揮できるようにするため、「一般事業主行動計画」を作成し次の取り組みを行っています。

    計画期間
    1. 2021年4月1日~2026年3月31年までの5年間
    目標
    1. 女性の採用比率 30%以上
    2. 男女の平均継続勤務年数の差異 3年以内
    3. 10事業年度前及びその前後の事業年度に採用された労働者の男女別継続雇用割合 男女ともに70%以上
    取組
    1. 人事部門を中心に各部門と情報を共有し、それぞれの特性や状況に合わせたきめ細かい対応を進めていきます。
    2. 上司である管理職のコミュニケーション力の向上や、女性従業員本人へキャリア形成に関する意識付けを行うなどの、仕組みづくりに取り組みます。
    3. 前回の計画から継続して女性採用比率拡大に取り組むため、製造現場の作業軽減につながる設備導入の推進、多様な働き方に対応できるような制度の改善や充実を図ります。
  • キャリア採用・外国人採用

    事業の拡大や海外を含む新たな事業展開に対応するため、キャリア採用や外国人採用を積極的に行っています。新たな人材が加わることで、今までにない発想や価値観が共有され、個人の成長につながることを期待して、採用を拡充していきます。

    労働施策総合推進法に基づく中途採用比率の公表
    2018年度 2019年度 2020年度
    正規雇用労働者の中途採用比率 22% 38% 11%

    公表日 2021年12月14日

  • 障害者雇用

    障害を持つ方がより働きやすいように各事業所で作業内容、勤務時間や勤務体系を工夫しています。

  • 柔軟な働き方支援

    育児や介護などの理由により短時間勤務をする場合、法定では1時間単位で勤務時間を減じるとするところ、東罐興業では15分単位で定めることができます。またフレックス勤務や在宅勤務制度も導入し、柔軟な働き方に応えようとしています。

人材育成

  • 教育研修制度

    新入社員から役職者まで、各階層で期待される果たすべき役割を意識し、必要とされる能力を発揮するための階層別研修を行っています。その他、自己啓発として通信教育制度等があります。

  • 公的資格取得支援制度

    業務上で必要とされる能力・知識の向上をサポートするため、指定する公的資格の受験料を会社が負担、また、資格・免許を取得した者に対して奨励金を支給しています。

安全衛生活動

健康と安全に配慮した、安心して働ける職場環境を整備するために、従業員全員の安全への配慮が不可欠です。東罐興業では安全衛生管理について組織的に取り組んでいます。

  • 中央安全衛生委員会

    東罐興業は社長を委員長とし、各本部の本部長を中心とした委員からなる中央安全衛生委員会を設置しています。

  • 安全衛生活動について

    全事業所において、安全スローガン・ポスター等のコンクール、安全週間等の行事、小集団活動、危険予知訓練、研修や教育などを行い、従業員の安全意識の向上に取り組んでいます。衛生活動では照度・騒音・有機溶剤濃度などの職場環境測定による環境維持向上と、保護具の着用推進を行い、安全で健康的な職場環境づくりに努めました。また、各事業所では防災訓練の実施、AEDの設置とAEDを使用した救命講習など定期的に行い、緊急時の安全についての知識向上に努めています。

      AEDを使用した救命講習

社会とのかかわりに戻る

CSR