東罐興業株式会社

HISTORY

東罐興業のあゆみ

東罐興業のあゆみ

1943 昭和18
  • 会社創立(東罐化学工業株式会社、大阪市淀川区)、プラスチック成形業を開始
1949 昭和24
  • 印刷紙器の生産を開始
  • 紙コップの生産を開始
1950 昭和25
  • 社名を現在の東罐興業株式会社に改称
1952 昭和27
  • 東京工場発足(世田谷区池尻)、印刷紙器の生産を開始
  • その後、紙コップ、樹脂製品、段ボールの生産を開始
1959 昭和34
  • 川崎工場発足、段ボールの生産を開始
1960 昭和35
  • 仙台工場発足、段ボールの生産を開始
  • その後、昭和36年に紙コップ工場、昭和44年にダンプラ工場を併設
1961 昭和36
  • 福岡工場発足、紙コップの生産を開始
  • その後、昭和38年に樹脂工場、昭和41年に段ボール工場を併設
1963 昭和38
  • 本社を東京工場に移転
1964 昭和39
  • 茨木工場(現:大阪工場)発足、段ボールの生産を開始
  • その後、昭和40年にプラストコップ工場、昭和41年に印刷紙器工場、昭和42年に樹脂工場を併設
1965 昭和40
  • 厚木工場発足、紙コップの生産を開始
  • その後、昭和43年に印刷紙器工場、昭和45年にダンプラ工場を併設
1973 昭和48
  • 本社を西新宿に移転
1974 昭和49
  • 茨城工場発足、樹脂製品の生産を開始
  • その後、昭和51年に段ボール工場を併設
1979 昭和54
  • 小牧工場発足、紙コップの生産を開始
  • その後、昭和58年にラミコン工場、昭和63年に樹脂工場を併設
1981 昭和56
  • 本社を幸ビルディング(東京都千代田区)に移転
1986 昭和61
  • 栃木工場発足、段ボール加工を開始
1987 昭和62
  • 札幌工場発足、段ボール、樹脂製品の生産を開始
1990 平成 2
  • 静岡工場発足、紙コップの生産を開始
  • その後、平成14年に印刷紙器工場を併設
1993 平成 5
  • 創立50周年
1996 平成 8
  • 技術開発センターを開設
2000 平成12
  • 福岡容器工場(現:福岡工場)発足、樹脂製品の生産を開始
2003 平成15
  • 伊丹分工場(現:伊丹工場)発足、樹脂製品の生産を開始
  • 印刷紙器・段ボール部門を新設分割(現:日本トーカンパッケージ株式会社)
2006 平成18
  • 中国に東罐(常熟)高科技容器有限公司設立、樹脂製品の生産を開始
2012 平成24
  • 本社を現在の大崎フォレストビルディング(東京都品川区)に移転
2013 平成25
  • 東洋製罐グループホールディングス体制へ移行
2015 平成27
  • 台湾東罐股份有限公司設立、紙コップの生産を開始
2018 平成30
  • 東洋製罐グループの事業統合により、プラスチックボトルおよびプラスチックキャップ事業をメビウスパッケージング株式会社に統合

*工場名は発足当時

企業情報