代表挨拶

東罐ロジテック株式会社は1993年の創業以来、東洋製罐グループの一員として食品包装容器の輸配送・保管・荷役・流通加工を事業として成長して参りました。
食品包装容器の物流業務には、食品のそれと同レベルの品質水準が求められ、当社は年々高まる消費者の皆様の食に対する安心・安全への要求にお応えしていき、物流品質に磨きをかけ続けています。
少子高齢化の進展や環境問題への対応など従前からの課題に加え、コロナ後のニューノーマルへの備えなど解決すべき新たな経営課題が山積する中、物流活動は企業経営を支える重要なファクターであり、その優劣が企業の競争力を左右すると言っても過言ではありません。
こうした環境下、当社は東洋製罐グループ各社の物流活動を担うことで獲得して来たスキルとノウハウを基盤として、東洋製罐グループ内にとどまることなく、より多くの企業様に物流サービスを提供させて頂きたいと考えています。

代表取締役社長 稲葉 知徳